ライラの冒険 黄金の羅針盤


★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
監督  クリス・ワイツ
主演  ダコタ・ブルー・リチャーズ  二コール・キッドマン

期待して見ると、裏切られてしまう。

“オックスフォード”の寄宿生である12歳のライラ・ベラクア(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は、一心同体の守護精霊“ダイモン”という動物といつも行動をともにしていた。そんな不思議な世界で、謎の組織に子どもたちが誘拐される事件が続発、親友を誘拐されたライラは自ら捜索に乗り出す。

世界的にヒットしたファンタジー小説の映画化。「ロード・オブ・ザ・リング」、「ハリー・ポッター」、「ナルニア国物語」など世界で小説をもとにした映画が大ヒットしてる中で、この映画は間違いなく失敗だろう。

見ていて。面白くないし、迫力も何もない。良くこんなので、映画化できたなー、と感じてしまうほどでした。3,4歳の子供向けかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中